“オリーブオイルの感動” プロジェクトは自然と地域に対する愛着から生まれました。そして、製品の品質を重んじる気持ちはそこから派生したものです。オリーブオイルが表現するものは、嗅覚と味覚を通して、もはや忘れかけていたような感動をもたらしてくれるのです。オリーブオイルは太古の時代より、常に人々の食生活においてなくてはならない存在でした。だからこそ結実する前の苗の時点から搾油にいたるまで、常にしっかりと見守って、美術作品と同じように、その持てる可能性のすべてを表現させてあげるべきなのです。

このプロジェクトを通して生れたのが、3種類の単一種オリーブ(ラッジオーラ、レッチーノ、モライオーロ)のオイルと、複数の種類のオリーブ(ラッジオーラ、フラントーイオ、レッチーノ、モライオーロ、ペランザーナ、ジェンティーレ・ディ・キエーティ、アスコラーナ)をその都度丹念に配合した3種類のブレンドオイルです。マルケ州ペーザロ近郊(セッルンガリーナ、ノヴィラーラ、カルトチェート)の豊かな丘陵地で育まれたこれらのオリーブは、毎年その持てる可能性を余すところなく表現してくれるのです。

オリーブの実は10月の初めから11月の中旬にかけて、種類と熟成度によってそれぞれの最適の時期に収穫され、その日のうちに搾汁されます。収穫から搾汁までの時間を最小限に抑えることにより、オリーブの実の変質を最小限に抑え、オリーブオイルの持つ成分特性や特徴的風味を最大限保持することができます。

 

こうして、でき上がったオイルの品質は非常に秀逸で、豊富な種類のオイルが私たちの食卓をより豊かなものにしてくれます。